相続対策について

突然ですが、相続対策は検討されたことはございますでしょうか。
相続対策とは、大きく分けて3つの対策から成り立っています。
以下、それぞれの対策について詳しく見ていきたいと思います。① 分割対策
いざ相続財産を相続人間で分けようとした場合、揉めてしまうことがよくあります。
いかに争いなく財産をわけられるかを事前に対策しておくことで、将来の不安を解消することができます。
主な対策としては遺言書の作成や、特定の相続人を受取人とする生命保険の加入などが挙げられます。

② 節税対策
相続財産が基礎控除額(3,000万円+相続人の数×600万円)を超える場合、相続税の納付が必要になります。
相続税の納税は法律上の義務ですが、できることなら納税を少なくしたいと思うのは無理もありません。
相続税の税率は、相続財産の金額に応じて段階的に上がっていくため、相続財産を以下に減らすかが鍵となります。
主な対策としては、生前贈与、生命保険の加入による非課税の適用、小規模宅地等の減額の適用、養子縁組などが挙げられます。

③ 納税対策
②により節税対策をしても、どうしても相続税の納付が生じてしまうことがあります。
相続した財産が、不動産などのようにすぐに現金化しづらいものだった場合、納税資金に困ってしまいます。
そこで納税資金をどのように捻出するかを対策する必要があります。
主な対策としては、生前に不要な不動産の売却をすることや、延納や融資を受けることの検討などが挙げられます。

以上のように一言で相続対策といっても、3つの対策をバランスよく考えていかなければいけません。
タックスパートナーでは提携士業や金融機関との連携により、3つの対策全てに対してお役立ちができるよう努めております。
相続対策についてご興味のある方は、ぜひ千葉のタックスパートナー税理士法人までお問合せ下さい。