所得隠し・申告漏れ・脱税

度々、所得隠し・申告漏れ・脱税などのニュースが流れております。
先日も有名芸人の設立した会社が1億以上もの所得隠しと申告漏れを指摘されていました。
申告義務を怠り、何年間も申告せずに後から発覚した場合、延滞税など追徴課税が大きくかかります。
お咎め無しとはいきません。
また、同じ様なタイミングで不動産会社社長が脱税で逮捕されていました。
この違いは意図的かそうでないか。というところで大きく変わってきます。
申告漏れは納税の意思はあるが、処理遅れや計算の誤り、認識の相違などで発生しますが、
意図的に申告しなかった場合「脱税」となり、逮捕の可能性もあります。
悪質で追徴課税が1億以上の場合に逮捕という暗黙のハードルもあるようです。

こういったニュースが度々報道されるということは、国民の義務である「納税」が軽視されてるのではないかと思います。
個人も法人もこういった行為を行うと、以後の生活に大きな影響をもたらします。
遅れのないようきっちり納税の義務を果たすことが望ましいです。
税金についてお困りの方、不安な方は是非千葉市のタックスパートナーまでお問合せ下さい。