初めての雇用

初めて人を雇う場合の手続きについて

法人や個人事業主の方が、初めて人を雇い入れる際には様々な手続きが必要にになります。
・労働条件通知書の明示
・雇用契約
・社会保険の加入(個人の場合は状況に応じて加入義務有り)
・労働保険の加入

税金関連の手続きにおいては、下記手続きが必要です。
・給与支払事務所等の開設届出書 【税務署】
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申込書 【税務署】
 (雇用者が常時10人以下である場合は、源泉税の納付を年2回に変更できる制度)
・雇用者に給与所得者の扶養控除等申告書 を記載してもらう【雇用者】
 (源泉徴収額を確認するために必要)
・住民税給与所得者異動届出書【市区町村】
・特別徴収切替届出依頼書【市区町村】

このように人を雇い入れすると様々な手続きが必要です。
ご不明点、ご相談等ありましたら是非千葉のタックスパートナー税理士法人までお問合せください。

前の記事

法定調書

次の記事

相続税申告状況