年末調整の電子化

年末調整の電子化

令和2年分の年末調整から、これまで従業員が手書きで作成していた年末調整関係の書類を、データとして取得したものを勤務先に提出する事で、チェックや手計算で行っていた検算を自動で行うことが出来るようになります。

令和2年10月から年末調整ソフトが国税庁より公開されますので、それをインストールすることで使用可能になります。ソフトには入力支援機能やヘルプデスクが設置されることにより、勤務先と従業員間での問い合わせも少なくなると見込まれています。

国税庁発表のパンフレットはこちらより