Emotetによるウイルス感染への対策

JPA(情報処理推進機構)によると、Emotet(エモテット)と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメール攻撃が国内外で多発してるとのこと。
このEmotetは2019年から2020年にかけて流行したもので、2022年に入ってから再度被害が拡大しています。
この迷惑メールは受信者が過去にやりとりしたことのある実在の方の名前を騙っていたり、メール内容の一部を流用されることから、
正規のメールと勘違いをしてメールを開封し添付ファイル等を閲覧することでかウイルス感染してしまうものです。

Emotetへの感染を狙う攻撃メールの例 ※出典JPA
emotetの例

emotet

このメールに疑問を持たずに添付ファイル等を開くとウイルスに感染し、感染したマシンからアドレス帳やメール内容が抜き取られて、
それをもとにまた迷惑メールとして広がっていく方式になっています。ワード、エクセル、exe、zip など様々なファイルが添付されてるケースがありますが、
これを防ぐには怪しいリンクは開かない、ファイルを開封しない。
少しでも違和感を覚えたらシステム担当に相談するなど対応が必要です。