千葉県中小企業等事業継続支援金

千葉県によると、長期化する新型コロナウイルスの影響により、売り上げが減少してる中小企業等に対して幅広く支援金を支給する取り組み、中小企業等事業継続支援金の申請受付を8月5日より開始しました。

【支給額】中小企業 20万 個人事業主 10万 ※申請期間中に1回限り

【支給条件】下記条件を全て満たすこと

1.令和3年3月31日までに創業し、申請時点で千葉県内に「本店」又は「主たる事業所」を有する中小企業等(※1)又は個人事業者等(※2)であること。
(※1)資本金等10億円未満、又は資本金等が定められていない場合は常時使用する従業員数が2,000人以下の法人をいう。
(※2)個人で開業し、主たる収入を事業所得で確定申告した「個人事業者」のほか、雇用契約によらない業務委託契約等に基づく事業収入を主たる収入として、
雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者を含む。

2.千葉県が実施する「千葉県感染拡大防止対策協力金(飲食店、大規模施設・テナント等)(令和3年4月~令和3年8月の間における時短営業等の要請に対する協力金)」(以下「協力金」という。)」の支給対象とならないこと。
(令和3年4月~8月のうち、ひと月でも協力金の支給対象となっている場合、支援金Aの支給対象とはなりません) (飲食店、大規模施設・テナントの事業者の方で、県の時短営業等の要請に御協力いただいていない場合には、支援金Aの支給対象とはなりません)

3.新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年4月~令和3年8月までのいずれかひと月の売上が、令和元年又は令和2年の同月比で30%以上減少していること。

4.申請時点で事業を継続しており、引き続き千葉県内で事業を継続する意思を有すること。

5.事業内容が公の秩序又は善良の風俗を害することとなるおそれがないこと。

6.事業を営むに当たって関連する法令及び条例等を遵守していること。

7「暴力団排除に関する規定」(申請要領P45を参照)を遵守し、本件に係る千葉県警察本部への照会について、予め承諾すること。

【申請期間】令和3年8月5日~令和3年12月28日

【申請方法】オンライン or 郵送

詳細はこちら

前の記事

相続登記の義務化

次の記事

電子取引の保存法