2020年所得税の改正

2020年1月から所得税の改正が行われます。その中で基礎控除、給与所得控除について説明します。
基礎控除は改正前は一律38万円でしたが、10万円引き上げられることになります。
ただし、2400万円越えの高所得者については段階的に控除額が引き下げられることに。

合計所得金額 基礎控除の額
2019年度分 2020年度以降分
2,400万円以下 38万円 48万円
2,400万円超え 2,450万円以下 32万円
2,450万円超え 2,500万円以下 16万円
2,500万円超え

次に給与所得控除についてですが、改正前にも上限が設定されておりましたが、今回の改正で大幅に引き下げられることとなりました。

年収 給与所得控除額
これまで 2020年度分以降
162.5万円以下 65万円 55万円
162.5万円超え 180万円以下 収入金額×40% 収入金額×40% ー 10万円
180万円超え 360万円以下 収入金額×30%+18万円 収入金額×30% + 8万円
360万円超え 660万円以下 収入金額×20%+54万円 収入金額×20% + 44万円
660万円超え 850万円以下 収入金額×10%+120万円 収入金額×10% + 110万円
850万円超え 1,000万円以下 195万円(上限)
1,000万円超え 220万円(上限)

結果的にほとんどの人は基礎控除が増え、給与所得控除が減りプラスマイナス0という状況です。
今回影響が出るのは年収850万以上の高所得者の方で、実質的な増税になっております。
この改正により従来の「給与所得者の配偶者控除等申告書」が兼用様式として
「給与所得者の基礎控除 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」に改められることに。
これまでと記載内容が変わる上に、従業員ごとに内容が変わってくるため記入間違い、漏れなどが発生することが想定されます。
ご不明点等ある方は、ぜひ千葉のタックスパートナー税理士法人までお問合せ下さい。