持続化給付金の不正受給

持続化給付金の不正受給についてのニュースが連日のように報道されています。

ネット申請による手軽さと素早い支給のためチェックが簡素なのをいいことに、組織ぐるみで億単位の不正受給を行っているなど大勢いるようです。

また、連日の逮捕者を見て給付金の返還を申し出るケースが多いようです。先月時点でおよそ6000件にのぼる申し出があったそうです。単純計算すると60億もの金額が不正受給されたものと考えられます。

自ら返還したいと言った氷山の一角だけでこの金額ですから、実際はさらに大きな金額が不正受給されてる可能性があります。

不正内容が悪質な場合は逮捕されますし、不正受給のペナルティも延滞金に2割上乗せの返還など厳しいものとなっています。

持続化給付金は事業において困っている方のための制度ですので、本当の事業主だけが申請すべきです。