一時支援金の書類提出期限延長

経済産業省によると、一時支援金の申請に必要な書類の提出を2週間延長するとのこと。

申請期限自体は5月31日までと変わりはないが、必要な添付書類の準備等が間に合わない合理的な理由がある場合について

必要書類の提出期限を2週間程度延長。

延長を希望する場合は5月31日までに「申請IDの発行」「書類の提出期限延長の申し込み」の両方を必ず行うこと。

なお、一時支援金の申請は事務局が募集・登録した「登録確認機関」にて

①事業を実施しているか②給付対象等を正しく理解しているかの事前確認をする必要があります。

登録機関一覧はこちら

延長後の具体的な期限については後日発表予定

延長についての詳細情報はこちら

次の記事

6月の諸手続き